粗食のイロハを学べ~食育アドバイスに必要な資格~

調理

良い影響をもたらす

教育現場や飲食店など

料理

飲食店や食堂、教育現場などさまざまな分野で注目されている食育は、現代の食の問題点を改善する上でもっとも重要なものなのです。食べ物に関する知識を深めることで、ひとりひとりが自身の健康について理解し広い関心を持つことができます。また、産地や原材料に注目することでより地産地消に特化した食生活を送ることができます。農業や水産業などさまざまな食に携わえる分野の活性化を図ることができるのです。このように食育への関心を深めることで健康以外にも社会的経済にも良い影響を受けることができるといえます。さらに、近年数多く見られる異物混入や食中毒などの安全性を脅かすものや、ファストフードや外国産の食品に頼る昨今の日本の食生活を見直すことも可能です。食を通してさまざまな事柄に目を向けることで住み良いまちづくりが可能になるのです。

参加できる研修会と講演会

病院や学校、企業などで食育に関する講演会や研修会などが行われています。家族や個人で参加することができ、ひとりひとりが食事を見直すきっかけになります。調理師や管理栄養士、医師などが主催しており、食事の大切さをさまざまな観点から説明しているため、自分に適したものを選択することが大切です。家族の健康を守りたい主婦や、自分自身の食事を見直したい人、これから先食事が大切だということを子どもたちが学ぶきっかけの場として、などといった多くの人がこういった公演を受講しています。仕事の一環として食育を学ぶ人もいるなど、スキルアップやキャリアアップを目指すためにも大切なことなのです。